2014年1月15日水曜日

あけましておめでとう!こんにちは2014年!!

皆さんおけましておめでとうございます。(かなり遅いけど)
2014年がやってきました。今年もちょいちょい更新していこうとおもっているのでチームともども皆さんよろしくお願い致します。

今年の目標は・・・まだ特に決めてません。楽しく生きていければそれでいいですかね。
果たしてDota2に春は来るのか。そこが楽しみです。

去年Part1を書いた初心者向けの記事なんですが、今回の記事はその続きではないです。
Part2に関しては今月中の更新、1ヶ月に1回更新を目安にしていきたいと思います。(書いてほしいことなども募集してます。)


今回はDota2のゲーム内のチャットをリアルタイム翻訳してOverlayで表示してくれるツールを紹介します。
※非公式のツールなので例によって自己責任で。
Dota2Translatorというツールで、ゲーム内のチャットを指定した言語に翻訳して、ゲーム中にOverlayで表示してくれます。
起動すると右上にAdd Overlay / Settingと出てくるので、まずはSettingをクリックします。
すると設定画面が表示されます。




















赤枠で表示されているところを"ja"に変更し保存します。
続いてDota2を起動している状態でAdd Overlayをクリックします。
画面に大きく文字が表示されたら成功です。
以降ゲーム内のチャットが翻訳されてミニマップの上辺りに表示されます(デフォルト設定時)
Settingからフォントや表示行数などの細かい設定ができます。
わりと便利です。


ということで今回はここまで。
次の更新の時もよろしく!おわり

0 件のコメント:

コメントを投稿