2013年12月19日木曜日

Dota2初心者向け記事 ~Let's脱・初心者!part1~(超初歩的な設定編)

ということで初心者向けの記事第一弾を書いていきたいと思います。
コンセプトとしては、”Dota2始めた頃の自分が参考にした情報や知って助かった情報をまとめる”で

 第一回の今日は設定編から。
  
設定編
・オートアタックをきろう!
セッティングのこの画面から設定できる左上のオートアタック。
ON/OFFの設定は人それぞれだけど個人的にはOFFにすることを推奨します。
これがONになってると敵から逃げてる最中に振り返って事故死したりしてしまうケースが多いので、個人的には切ってなれたほうがいいかなと思ってます。


・Denyの設定をしよう!
Dota2にはクリープにトドメをさしてお金を得るLH(ラストヒット)とは別にDeny(ディナイ)という味方を殺すための重要なテクニックがあります。どんな意味で重要なのかは次回以降の記事で触れたいと思うので今回は割愛しますが、出来るようになって決して損はしない、というかむしろ出来ないとかなりつらいテクニックです。
このテクニック、デフォルトの設定だとアタックムーブ(初期設定でA+左クリック)で味方を指定しないと出来ないんですが、今回はそれを右クリックだけで出来るように設定します。
この設定はDota2内の設定画面からは設定できないので少し特殊な設定をします。
1) Steamで"Dota 2"を右クリックし、プロパティをクリック
2) 起動オプションを開き -console と入力
3) OKを押してゲームを起動。コンソールを消すには半角/全角キー(デフォルト)を押す

上記の操作を行うとゲーム内にコンソールを出すことが出来ます。
そのコンソールに次のコマンドを打ち込みます。
dota_force_right_click_attack 1
このコマンドを打ち込むことによってDenyを右クリックのみで行うことが出来るようになります。
(おまけ)
Denyとは関係ないですが、dota_disable_range_finder 0このコマンドを打ち込むことによって、スキル使用時に範囲表示(矢印表示)が出るようになります。
便利だから試してみるといいかもしれません。

鯖の選択をしよう!
Dota2ではまだ日本鯖のサポートが行われていません。
なので近隣の国のサーバーを使ってプレイすることになります。
個人的におすすめは東南アジア・米国西部 ・オーストラリアです。オーストラリアは少しpingが高くなるかもしれないので外したい方は外したほうがいいかもしれないです。


とりあえずpart1の今回はすごく初歩的な設定に触れてみました。
Q待ち廃止などでDota2をインストールした人の助けに少しでもなればいいなと思います。
次回からはもう少し深いところに触れていきたいと思います。
今回はこれでおしまい!

  

1 件のコメント: