2013年12月19日木曜日

Dota2初心者向け記事 ~Let's脱・初心者!part1~(超初歩的な設定編)

ということで初心者向けの記事第一弾を書いていきたいと思います。
コンセプトとしては、”Dota2始めた頃の自分が参考にした情報や知って助かった情報をまとめる”で

 第一回の今日は設定編から。
  
設定編
・オートアタックをきろう!
セッティングのこの画面から設定できる左上のオートアタック。
ON/OFFの設定は人それぞれだけど個人的にはOFFにすることを推奨します。
これがONになってると敵から逃げてる最中に振り返って事故死したりしてしまうケースが多いので、個人的には切ってなれたほうがいいかなと思ってます。


・Denyの設定をしよう!
Dota2にはクリープにトドメをさしてお金を得るLH(ラストヒット)とは別にDeny(ディナイ)という味方を殺すための重要なテクニックがあります。どんな意味で重要なのかは次回以降の記事で触れたいと思うので今回は割愛しますが、出来るようになって決して損はしない、というかむしろ出来ないとかなりつらいテクニックです。
このテクニック、デフォルトの設定だとアタックムーブ(初期設定でA+左クリック)で味方を指定しないと出来ないんですが、今回はそれを右クリックだけで出来るように設定します。
この設定はDota2内の設定画面からは設定できないので少し特殊な設定をします。
1) Steamで"Dota 2"を右クリックし、プロパティをクリック
2) 起動オプションを開き -console と入力
3) OKを押してゲームを起動。コンソールを消すには半角/全角キー(デフォルト)を押す

上記の操作を行うとゲーム内にコンソールを出すことが出来ます。
そのコンソールに次のコマンドを打ち込みます。
dota_force_right_click_attack 1
このコマンドを打ち込むことによってDenyを右クリックのみで行うことが出来るようになります。
(おまけ)
Denyとは関係ないですが、dota_disable_range_finder 0このコマンドを打ち込むことによって、スキル使用時に範囲表示(矢印表示)が出るようになります。
便利だから試してみるといいかもしれません。

鯖の選択をしよう!
Dota2ではまだ日本鯖のサポートが行われていません。
なので近隣の国のサーバーを使ってプレイすることになります。
個人的におすすめは東南アジア・米国西部 ・オーストラリアです。オーストラリアは少しpingが高くなるかもしれないので外したい方は外したほうがいいかもしれないです。


とりあえずpart1の今回はすごく初歩的な設定に触れてみました。
Q待ち廃止などでDota2をインストールした人の助けに少しでもなればいいなと思います。
次回からはもう少し深いところに触れていきたいと思います。
今回はこれでおしまい!

  

2013年12月17日火曜日

おま国 is OVER

どうやら日本国で行われていたDota2のQ規制が解除され、Dota2がプレイできるようになったらしいです。
Key配りおじさんはこれにて終了。
多くの人が一斉にスタートラインに立つ機会っぽいしフレンドとか探すぶんにはかなりいい機会なのではないのでしょうか。
このゲーム同じくらいのプレイ時間のフレンドと一緒にプレイするとかなり長続きするのでぜひ友達を巻き込んで一緒にやりましょう。
日本語wikiのトップページ使ってけー

これでDota2やる日本人が増えて日本でのDota2シーンが盛り上がってくれればいいなぁ。
みんなチーム作ってチームマッチなどにも参加していきましょう。
need チームマッチ仲間!


なんかtwitter見てる感じ初心者向けの記事書くーみたいな人もチラチラ見受けられるから見つけたらリンクはらせてもらうなり何なりします。
暇だったら僕も書こう。

チームに関してはメンバーの入れ替えがあって
oumu→out
hagikun→in
みたいな感じになりました。
現状としては

Ittya(c)  2,(3)
Suan  4,5
fuu  4,5
baseballdogs  1
hagikun 3,(2)

みたいな感じ。
格上のチームにも勝ててるから今のとこ順調。
落ち着いたらまた配信とかしたいと思いまふ。

rankマッチはレート高くもなく低くもなく微妙な感じでした。
まぁ味方ある程度まともっぽかったしやってて楽しい感はあった。

初心者向けの記事とか書くならどんなテーマがいいんだろう。
コメントとかで意見くれると嬉しいです

終わり

2013年12月12日木曜日

メンバー募集終了のお知らせとその他もろもろ


おはにちは。いっちゃです。

最近寒さが一段と増してきましたね。インフルエンザも流行り始める時期だと思うのでみなさんもゲームに支障をきたさないように手洗いうがいをしっかりとして健康に過ごしましょう。

前々から行っていたチームメンバー募集ですが、無事メンバー補完できましたので締め切らせていただきます。皆さん有難うございました。
これからはまた通常通りTMM活動を行っていきたいなと。

あと最近国内でチームマッチしてるというかチーム活動している人たちが少し増えたなぁという印象を受けてます。
そういった国内のチームとの試合も積極的に行いたいなぁって思ってます。
また他のチーム同士が試合してるところを配信しながら実況というか解説というかしていくのも面白そうだと思うので機会があったらやってみたいなぁとも思いますね。

Key配布の件についてはまだまだ在庫残ってるので欲しい方は言ってください。
ただなんか公式の方でQ待ちいっぱい進めるみたいな話があったらしいんでいらなくなるかも?


とりあえずこんな感じ?
Keyもらった人たち頑張ってDota2やってね!一緒にやれる時を楽しみにしてます!

2013年12月5日木曜日

Dota2Keyを受け取った人などへの様々な宣伝と近くに開催されるアジアの大会について

はい、こんにちは。

今回もいろんな宣伝の記事です。

まずメンバー募集まだやってます。
よろしくお願いします。

次にKeyの配布状況です。
結構はけていてていってもまだ在庫@200個以上あります。
追加も可能です。
欲しい方は連絡ください!


ここからが今回の本命記事です。
主に今回Keyを受け取った方などへ向けての記事になります。
最初は何をしたらいいのか全然わからないと思います。
そんなかたはDota2瓦版のこの記事などを参考にしてみましょう。
また、Dota2日本語wikiの初心者向けの記事も参考になります。
わからないことが多いと思うけれどやっていれば必ず覚えられるので頑張りましょう。

また、Dota2を続ける・楽しむにあたって僕個人で割と重要だと思ってるのは一緒にやるフレンドが居るかどうかです。
最近かなりKeyがはけ、同じタイミングで多くの人がDota2を始めたと思います。
今のタイミングでDota2日本語wikiのトップにあるフレンド募集の欄を活用すると 同じくらいのタイミングで始めたフレンドが見つかり、一緒にやるどたきちを増やせるいい機会になるかもしれません。
恥ずかしいかもしれないですが、積極的に活用することをおすすめします。
ワンチャンコーチとかも釣れてウハウハできるかも?


ここからはチームでやってる人向け。
今月の17日から日本からも参加できるSteelseries SEA cupが開催されます。
アマチュアのチームも多く参加していて意外に勝ち上がれたりするのでいい機会だと思って参加してみたらいかがでしょうか。
僕達のチームはメンバー募集中で出れないと思うので配信しながら出てるチームを応援する予定です。
がんばるまん٩( 'ω' )و

今回の記事終わりー

2013年12月3日火曜日

Dota2キュー待ちしてる方向けの記事

今回はDota2で日本からキュー待ちしている方へ向けての記事です。


前回にも少し記事にしたんですけどVPNとかを使わずに日本からのキュー待ちをすっ飛ばしてDota2をアクティベートすることが出来るKeyを再び入手することが出来ました。
今現在の在庫は少ないですが、ひょっとすると今回はかなり大量に確保できるかも?

もしQが進まなくてやりたくても出来ないって方が居ましたら連絡してくれれば渡します。
この機会に是非!
念のためサブ垢に関しては無しということで。



メンバー募集の方もよろしく!

2013年12月2日月曜日

【Dota2】WhiteFlagBearメンバー募集のお知らせ + ちょっとサイトの紹介。

おはにちわ。いっちゃです。
最近めちゃくちゃ寒くなってきました。風邪をひかないように気をつけましょう。
Japanに秋なんてなかった・・・


んで早速だけど本題へ。
今回ボクが所属しているDota2のチームであるWFBにて欠員が出たのでメンバーを一人募集します。
詳しい募集内容に関してはお手数ですがこちらをご参照くださいまし。
テスト期間っていうかお試し期間もあるしお気軽にご連絡ください!
自分で言うのもなんだけど結構やりやすいチームだと思います!!!!

雰囲気とかはメンバーがcavetubeでたまに配信してたりするんでそれとか見てみるといいかも。


第2の話題について
ちょっとしたサイトの紹介。今回は3個。

1個目
dotabuff
みんなも知ってる不動の人気サイトdotabuff。
自分の戦績やレコードなどが見れるとっても便利なサイト。
このサイトで自分の成績を見たかったらゲーム内のマッチシェアのセッティングを入れておくこと。
そうしないと確認できないので要注意!

 2個目
MyDotaSkill
今話題のMyDotaSkill.com!
DotabuffのURLをぶち込むとその人のレートが確認出来るらしい。
しかしKDAを参照しているという話がチラホラあるのであまり参考にはならなそう?

3個目
JoinDota
でましたJoinDota。
海外のProの大会の情報やstreamを探すときに非常に便利なサイトです!
 pubばっかりやっている君もTMMに手を出してみたいなーって思ってる君もこのサイトをブックマークして大会を観戦しちゃおう!
わりと勉強になる。

とりあえず雑だけどこんな感じ。 
またなんかあったら更新します。

メンバー募集の件よろしくお願いします!!!