2013年10月29日火曜日

Dota2のあれこれ

最近書くことがなくなってきたんで誰かネタください・・・

今回は自分視点で見たDota2の良いところ・悪いところ(今回は主にシステム面)について書いていきたいと思います。

まずは良い所から。
HERO(自キャラ)が最初からすべて使用可能である。
色々なDotaライクなゲームがあるけど最初からすべてのHEROが使えるというのはDota2のいいところだと思う。
課金・アカウントレベルによる差が全くない
Dota2における課金要素は見た目を変えるアバターアイテム・カスタムHUD・トーナメントを観戦するためのチケットなど、ゲームには全く影響を与えない部分のみ。プレイヤーのアカウントレベルもレベルアップ時に確定でアイテムがドロップするなどの特典のみで、ゲームには一切影響を与えない。
明確なレートというものが存在していない
少し前までは3段階にわかれた少し曖昧なレート的なものは確認できたんですが、今はそれすらも確認できなくなりました。(確認できないことはないけれどすごくめんどくさいので実質的に確認できないという扱いにさせてもらいました。)
そういうものを気にする人にはいい仕様になったんじゃないでしょうか。

他にもいいところいっぱいあるけど書くのめんどくさくなってきたからこのへんで終わり。

次は悪いと思われるところ。
HERO(自キャラ)が最初からすべて使用可能である。
いいところでもあり悪いところでもあると思います。
全部使えるということでどれを使っていいのかわからなくなっちゃうのかも。
現在始めるのが難しい(実質困難に近い)
前のブログでも記事にしたとおり、日本でのQ進行がおま国扱いになってるっぽくて実質日本からのゲーム参加が困難な状況になっています。
詳細に関しては昔こちらで記事にしているのでよければごらんください。

他にも悪いところはあると思うけど 書くのめんどくさ(以下略


これだけだとなんかあれなのでtwitterでも触れてたアバドンについての個人的見解を少し書いてみようと思う。
偏見が強いからあまり当てにしないほうがいいかも。

キャリーでもサポートでも使えるHEROだけど強みを活かせるのはサポートだと個人的には思う。
スキル振りは1番・2番をメインで上げていっていいと思う。
3番も優秀なスキルだけど個人的にはサポートで使うときはあげる必要はない気がする(理由は後述。)
アイテムビルドだけど靴はトランクィル1択かな。
理由はパッシブのヒールで1番との相性がかなりいい。1番と2番を使うだけで攻撃する必要がないから立ち回り次第では常にHPリジェネの恩恵が得られる。この靴との兼ね合いで3番も取らなくていいと思う。
マナ不足の問題が出てくるかもしれないけどそこはUrnとかバジリングとかで補っていく感じがいいかな。
その他は味方との兼ね合いを見てシチュエーショナルに。
立ち回りは味方の後ろで1番と2番を活かしていく感じで。2番の状態異常解除が非常に強いのできちんと状況見てぶち込んでいければ味方の生存率もかなり上がる。
 TPは常に持っておくようにしてgank狙われた味方がいたら優先して飛べるようにしておくとかなり強い。

雑な説明だったけどこんなかんじかな。

とりあえず誰か記事のネタください・・・(・∀・)



0 件のコメント:

コメントを投稿